BNK48も登場!JAPAN EXPO IN THAILAND 2017@サイアム

BNK48 LIVE JAPAN EXPO

9月1日から3日間、サイアムパラゴンにて
「JAPAN EXPO IN THAILAND 2017」が開催されています。

日本の食、旅行、専門・語学学校、伝統文化、
サブカルチャー(音楽、映画、漫画・アニメ、アイドルなど)といった様々な側面から
日本の魅力をタイの若い世代の方々にお伝えし、
これまで以上に日本とタイの友好を深めようという想いが詰まった催しでした。

まさに当メディアの理念に合致した催しということで、
編集部も参加してきましたので、
その様子をまとめてみたいと思います。

JAPAN EXPO IN THAILANDとは

JAPAN EXPO IN THAILAND 公式サイト
http://japanexpothailand.org/2017/ja/

「JAPAN EXPO IN THAILAND 2017」は、今年で日タイ修好130年を迎える中で、
互いを学び合い、補い合う関係をさらに深めていくことを目的として開催されています。

すでに、「JAPAN EXPO IN THAILAND」は2015年・2016年と開催されてきており、
来場者数もそれぞれ、75,000人・92,000人を超え、大成功をおさめてきた一大イベントです。

今回開催されたのはサイアムパラゴン5Fのロイヤル・パラゴン・ホールです。

サイアムパラゴン外観
サイアムパラゴン

日本のサブカルチャーがタイでも人気

オープニングで披露された青森・ねぶた祭りの踊り
青森・ねぶた祭り

日本の食品や旅行会社、日本語学校、
日本文化独自の商品を販売するブースなども多く出店されるなど
これらも多くのタイの人々で賑わっていました。

インタビューされる平安時代?っぽい方
インタビューされる平安時代?っぽい方

美しい切り絵(KIRIE)を扇子やお面などに取り入れた商品
美しい切り絵(KIRIE)

笑顔を絶やさないクロネコさん
笑顔を絶やさないクロネコさん

元気に手を振ってくれたNHKのどーもくん
NHKのどーもくん

兵庫県の名産そうめん「揖保乃糸」
揖保乃糸

とりわけ人で溢れていたのは、
日本の音楽、アニメ・漫画、映画、ゲーム、アイドルなどの
サブカルチャーのブースでした。

日本のサブカルチャーは今や世界中で人気を博していますが、
ここタイでも例外ではありません。

アニメ風の似顔絵を描いてくれるブース
アニメ風の似顔絵

ガンプラはタイでもお店がちらほらあるほど人気
ガンプラ

人気アニメのフィギュア
アニメのフィギュア

猫耳を販売するブース
猫耳

【動画】ひときわ熱気に包まれた「BNK48」ライブ

「BNK48」は、タイ・バンコクを拠点に活動する女性アイドルグループで、
日本で活動するAKB48の姉妹グループのひとつです。
AKB48と同じく秋元康氏が総合プロデュースを務めています。

そのため、ライブで披露された曲も
すでに日本でおなじみの曲のタイ語版でした。

■披露された曲の一部
・会いたかった (อยากจะได้พบเธอ)
・恋するフォーチュンクッキー (คุกกี้เสี่ยงทายทำนายรัก)
・365日の紙飛行機 (365วันของเครื่องบินกระดาษ)

伊豆田莉奈・大久保美織・Sawitchaya Kajonrungsilp、BNK48の日系メンバー

BNK48はタイでしっかりと多くのファンが出来上がっている様子で、
日本のアイドルファンさながらの盛り上がりを見せていました。

「コール」と呼ばれるアイドルへの掛け声も日本で見聞きするものと同様でした。

BNK48のメンバーの中には、
今年AKB48の伊豆田莉奈さんが移籍という形で加入しており、
現地採用者唯一の日本人として、大久保美織さんが選出されており、
日本人メンバーが2名在籍しています。

また、日タイハーフのメンバーである
Sawitchaya Kajonrungsilp(日本名:花見 咲知弥)さんも在籍するなど、
日本を良く知るメンバーが日タイの距離を縮めてくれる役割を
担ってくれるのではないでしょうか。

最後はアンコールに応えてくれたり、
コンサート後には、握手会も開かれたりと
かなりBNK48をメインに据えたイベントだったように感じました。

握手会の様子
BNK48握手会

当メディアでは今後もBNK48の活動を応援していきたいと思います。

以上で、「JAPAN EXPO IN THAILAND 2017」リポートを締めくくります。